본문 바로가기 대메뉴 바로가기
メニューを閉じる

医療工科大学

医工学部

医工学部は工学の原理と技術を医学分野に適用させようという融合学問として発展可能性がとても高い未来国家戦略産業の一つだ。医工学部では先端医療装備の最新技術を開発し応用でき、病院医療装備管理を担当できる人材を養成しようと医科大学との共同講義及び大学病院連携のインターン実習現場体験実務を主とする教育プログラムで経歴者水準の病院と企業が欲を出す高級人力を養成する。就職分野は国内医療機企業、多国的医療機器会社、大企業医療機器事業部、総合病院医工チーム、保健福祉部及び食品医薬品安全処など医療保健関連公務員、医療機器関連研究所、医療機器試験院及び認可行政業体、医療機器関連電気/電子/コンピュータ業体、国内外大学院などだ。

医療IT工学科

医学とITが造りだす新たな世界
情報技術と医学の融合学問として、いつどこでも自身の健康状態をモニタリングし管理し、自宅にいる患者を病院でケアできるU-ヘルスケアシステムと電子医務記録が代表的な例だ。生の質向上に寄与するこのような先端医療情報システムを開発し運営でき、創意的な人材を養成する。医科大学との共同講義、大学病院インターンシップ教育、産業体現場オーダーメード型教育など実務能力を兼ね備えた専門人力を養成する。

医療空間デザイン学科

先端化された医療空間をデザインし、健康な治療環境創出のために病院施設管理から病院建築、病院インテリア、医療製品デザイン分野まで創意的な問題解決能力を備えた人材養成を教育目標とする。教育プログラムは病院現場中心の実習と共に産業体が求める実務能力を培うことに力点を置いており、空間デザイン専門家と空間管理専門家を養成する専攻トラックを運営している。

医療新素材学科

人口関節、インプラント、ステント、人口皮膚などの生体材料、診断及び治療素材、医療用繊維、医療用接着剤及びコーティング剤、医療用化粧品などの医療新素材産業は発展可能性が無限な未来戦略産業だ。
本学科では人類の健康な生活と寿命を延長するために疾病の早期診断、治療、予防、治療後の管理のための核心素材に関連する専門人力を養成する。

製薬生命工学科

未来の製薬生命産業分野を先導する製薬生命工学科は生命工学分野の専門理論と製品の研究開発の生産及び品質管理など実務能力はもちろん、創意力を兼ね備えた人材を養成する製薬生命分野に先制的に対処する学科だ。特に製薬産業産業のグローバル化に備え国際規格の製品生産及び品質管理関連実習、産業体人事再教育システムを備え製薬生命分野中、最も先導的な学科として健康機能食品と公正管理分野の専門人力を養成し韓国製薬産業の世界化を先導する。