본문 바로가기 대메뉴 바로가기
メニューを閉じる

リハビリ福祉教育大学

心理相談治療学科

心理相談治療学科は人間心理と行動に対する心理学的理論を基礎とし、人間の心理減少を理解し心理的不適合と異常行動を診断、相談と心理治療の臨床分野で活用できるよう、理論と実習を並行することに焦点を置いている。

社会福祉学科

社会福祉学科は21世紀の福祉社会を具現化するため、多様な社会問題を予防し解決できる社会福祉専門家を養成することが目標である。そのために専門社会福祉実践方法をはじめ各種社会福祉制度を分析し開発できる体系的な理論及び実習教育を提供している。卒業後は社会福祉士2級の資格を付与し、1級の試験を受験できる資格が与えられる。

児童保育学科

児童保育学科は0歳~6歳の乳幼児の保護と教育を担う専門保育教師を養成し、建陽大学病院建陽こどもの家、世宗市政府庁舎ユンピッこどもの家、鶏龍市鶏龍常緑こどもの家、錬武台錬武幸せこどもの家の委託運営している。乳児保育、障害児専門保育の力量を養うために専門性、人性、実務能力を備えた教師の養成に主力を注ぎ児童の健康な成長と発達、親の職場と過程の両立など家族福祉の具現に寄与しようとする。卒業後、障害乳幼児保育教師の資格を認定し、保険福祉部が発行する保育教師2級国家資格を取得できる。

幼児教育学科

幼児教育学科は乳幼児の教育と保護を担う幼児教育教師の養成を目的とする師範系列の学科だ。幼児教育の諸般理論を学習し、理論と実際が連携される実習課程を通じ実践的な知識を積み重ね卒業後には幼稚園2級正教師の資格と保育教師2級の資格を付与する。

初等特殊教育学科

初等特殊教育学科では卒業と同時に特殊学校(初等)2級正教師の資格を取得することができる。また、複数専攻を通して中等特殊教師、幼児教育教師、社会福祉士などの資格の取得が可能である。障害児を教える特殊教師は将来がとても有望な職種として近年特殊教師の増員計画により特殊学校および特殊学級教師として就職の機会がさらに拡大された。本学初等特殊教育学科では特殊教育現場で要求される有能な教師を養成するために体系的な現場適合型教育課程と多様な自習を提供している。

中等特殊教育学科

中等特殊教育学科は中・高等学校特殊教育対象学生数の増加による特殊学校(高)増設と教育部の特殊教師採用拡大計画など今後の展望がとても明るい学科である。卒業と同時に特殊学校(中等)正教師(2級)資格を取得でき、同時に複数専攻を通し初等特殊教師、幼児教育教師、社会福祉士などの資格も取得可能だ。学校と現場を連携させた教育課程をはじめ障害学生のための放課後教室、障害-健常合同キャンプ、障害学生メントリングなど多様な専攻関連の実習を通して障害青少年に適合した教科教育と進路教育力量を備え現場で歓迎される最高の特殊教師養成に力を入れている。

リハビリパーソナルトレーニング学科

リハビリパーソナルトレーニング学科は第3時代の未来体育を導く体育指導者を養成することに目標を置いている。
本学科は個々の健康と体力向上のための専門的なトレーニング能力と選手の体力管理と負傷回復のためのリハビリ運動の原理と方法を理解し指導できる専門性の向上に重点を置いている。

デジタルコンテンツデザイン学部

デジタルコンテンツ・デザイン学部はデジタルコンテンツ専攻と視覚デザイン専攻の融合的教育課程を通じ、文化コンテンツ創意人材育成の目標を置いた学部だ。学部に入学し、1年間は共通科目を受講したのち2年次からはデジタルコンテンツ専攻と視覚デザイン専攻に別れ実務中心の教育課程を運営している。2014年に大学特性化事業(CK-1)に選定され5年間、教育部の支援(15億ウォン)を受け特性化された教育課程を運営、創意的な地域文化コンテンツデザインの開発、地域文化及び地域イノベーションシステムとの連携などを通じ統合的文化力量を教科している。地域文化資源を源泉ソースとして活用しコンテンツとデザインで製作することにより地域文化の世界化と創造経済を先導する文化コンテンツ創意人材のための夢の学部だ。

スポーツ医学科

運動療法は各種成人病の予防と改善はもちろん、リハビリ治療の役割を担うスポーツ医学の重要な手段だ。スポーツ医学とは各個人の身体的特性に適合した運動方法を学習し、健康人や非健康人の体力と健康促進のための運動プログラムを開発し、適用できるスポーツ医学の専門家を養成することに目的がある。本学科は医学、運動化学、運動処方関連分野の理論と実務能力を兼ね備えられるよう教育課程を編成している。